自分の脚に刺された跡がある時は | フロントラインで犬や猫などのペットをダニやノミから守ろう
オレンジ色のカプセルの中身が溢れている

自分の脚に刺された跡がある時は

ペットを飼っているあなた、自分や家族の脚、特に膝から下の部分に虫に刺されたような跡はありませんか?
もし沢山あるという場合はフロントラインという薬を犬や猫に使うことをオススメします。

脚の膝から下に虫に刺されたような跡があるというのは飲みに刺されている可能性が高いです。
ノミには羽根がないので飛ぶことはできませんが、ノミにはジャンプ力があるため30cmほど跳ぶことができます。
そのため、膝から下の部分に刺された跡が集中し、ノミは1ヶ所だけ吸血することはなく伝い歩き吸血するので刺された跡がラインになっています。

犬や猫がノミに刺されると強いかゆみをともなうアレルギー性皮膚炎を引き起こすこともあり、ノミの体内にいる瓜実条虫という幼虫がペットの体に侵入し体重の減少や下痢などの症状を引き起こします。
また、ペットが感染していると人も引っかかれたときにリンパ節に炎症が起きたり、発熱したりといった病害があります。
ノミに刺されているのは、人だけでなく犬や猫も刺されているはずです。犬や猫をノミ・ダニから開放するためにフロントラインを使用しましょう。
フロントラインは、ノミやダニに効果がある薬で予防・駆除することができます。
スポットオンタイプであれば首筋に投薬するだけで24時間以内にほぼ100%のノミを駆除することができ、スプレータイプはペットに吹きかけるだけでノミやダニを駆除することができます。

フロントラインは効果が現れるまでが早いので、ノミやダニに気付いた時にしても2日後にはノミもダニも駆除することができます。