マダニ感染症の対策 | フロントラインで犬や猫などのペットをダニやノミから守ろう
白い錠剤が溢れている様子

マダニ感染症の対策

犬や猫を飼っている人からしたらペットはかけがえのない家族の一員、そんな大切なペットも自分の家族守るためにダニやノミの予防は必ずしないといけません。
ダニやノミに噛まれると犬や猫だけでなく人も寄生されて噛まれます。
ペットからマダニが飼い主に感染してしまうということもあり、マダニに噛まれるとマダニ感染症を引き起こします。
マダニ感染症というのは、マダニが血を吸う際にウイルスや最近が感染することで起きる感染症のことで、クリミア・コンゴ出血熱、回帰熱、ダニ媒介脳炎、ライム病、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)などの種類があります。
その中でもSFTSは、国内でも感染したことが確認されニュースにもなり、死亡例もあります。
キャンプやハイキング、登山などでマダニに噛まれないようにするには、長袖の服を着ていくなどの対策を取ることができますが、ペットとは四六時中いることもあるので一年中長袖でいるというのはしんどいですよね。

しかし、対策を取らないと命にも関わる問題です。マダニに犬や猫、家族が噛まれてSFTSに感染しないように予防しましょう。
マダニを予防・駆除するときは、24時間以内に体表上のノミを、48時間以内にマダニをほぼ駆除することができるフロントラインを使用してみませんか?
フロントラインは、マダニやノミなどの寄生虫を駆除することができる犬や猫などのペット用の医薬品です。
フロントラインを使用して一度駆除してもマダニやノミは再寄生することがあるので、駆除した後に寄生されにくい環境を作ることも大切です。

マダニに噛まれてSFTSウイルスに感染して重症化すると死亡することもあるので、ペットだけでなく自分や家族のためにもペットに寄生するマダニを駆除しましょう。